PR

 2007年4月16日、ソニーとサンディスクは業務向けビデオカメラ用のメモリーカード仕様「SxS(エス・バイ・エス)カード」を共同で策定すると発表した。ソニーが業務用のビデオカメラにメモリーカードを採用するのは初めてとなる。

 メモリーカードには、ExpressCardの幅が34ミリのタイプを採用。インタフェースはPCI Expressを使用し、SxSカードの転送速度は800Mbpsを目標に開発する。

 対応機器は業務向けビデオカメラ「XDCAM EX」シリーズを予定。ソニーでは「2007年中にビデオカメラと同時に8GBおよび16GBのメモリーカードを出荷開始する」としている。

 現在、業務向けではテープおよびディスクを利用するケースが大半。メモリーカードを使った業務向けのビデオカメラでは、既に松下電器産業が「P2カード」という名称で実用化している。放送業務機器では最大手のソニーがメモリカードの採用を決めたことで、テープからメモリーカードへの移行が進みそうだ。