PR

 米Yahoo!は米国時間4月17日,2007年第1四半期の決算を発表した。売上高は16億7200万ドルで,前年同期の15億6700万ドルから7%増加した。純利益は1億4200万ドル(希薄化後の1株当たり利益は10セント)で,前年同期の1億6000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は11セント)から11%の減益となった。

 提携企業に支払う手数料(TAC)を除いた売上高は11億8300万ドルで,前年同期の10億8800万ドルから9%増加した。

 粗利益は前年同期比5%増の9億5800万ドル。営業利益は前年同期比16%減の1億6900万ドル。償却費用,営業権,株式による給与経費などを除外した場合,営業利益は同6%増の4億6000万ドルとなる。

 また,フリー・キャッシュフローは3億6900万ドルで,前年同期の3億4300万ドルから増加した。

 事業別にみると,マーケティング・サービス収入は前年同期比6%増の14億6900万ドル。会費による収入は同9%増の2億300万ドルだった。

 米国における売上高は11億100万ドルで,前年同期の10億9700万ドルと比べやや増加。海外事業の売上高は5億7100万ドルで,前年同期の4億7000万ドルから22%成長した。

 「第1四半期は収益性とキャッシュフローを維持しながら,革新的なサービスや製品をユーザー,広告主,パブリッシャに提供することに注力した。目標の堅実な遂行が業績に反映されている」(Yahoo!,CFOのSusan Decker氏)

[発表資料(PDF形式)へ]