PR
写真●PayPal決済を利用できるスポンサ広告にはカートのアイコンが表示される
写真●PayPal決済を利用できるスポンサ広告にはカートのアイコンが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 米Yahoo!と米eBay傘下のPayPalは,検索サービスと決済サービスの統合に関して提携を結んだ。Yahoo!検索サービス部門のTim Mayer氏が,米国時間4月17日に公式ブログへの投稿で明らかにしたもの。

 Yahoo!の検索サービス「Yahoo! Search」で商品を検索すると,検索結果で一覧表示されたスポンサ広告の一部に,PayPal決済が利用可能であることを示す青いショッピングカートのアイコンが表れる。ユーザーは,どの販売事業者が「PayPal Checkout」を使えるかすぐに分かる。

 Yahoo!はその利点を,「(同一の決済サービスを利用するので)ユーザー名やパスワードを毎回入力する必要が無く,短時間で商品を購入できる上,プライバシも保護できる。集約されたトランザクション履歴から,購入を確認したり,商品の配達状況を追跡したりすることが可能だ」と説明する。

 また,同社オンライン・チャネルおよびスモール・ビジネス・サービス担当上級バイス・プレジデントのRich Riley氏は,「販売事業者にとっては,青いショッピングカートのアイコンが検索結果ページ上での広告を目立たせるだけでなく,1億3000万人以上のPayPalユーザーに向けた目印になる」と述べている。

 販売事業者および広告主は,2007年12月31日まで無料で「Yahoo! PayPal Checkout Program」に登録できる。

[Mayer氏のブログ投稿記事]
[Riley氏のブログ投稿記事]