PR
[画像のクリックで拡大表示]

 Mozilla Japanは2007年4月19日、Mozillaが開発・配布するメールソフトの最新版「Thunderbird 2」日本語版をリリースした。対応OSはWindows、Mac OS XおよびLinux。新版ではWindows Vistaにも対応。Mozilla Japanのダウンロードサイトから無償で入手できる。

 新版のThunderbird 2では、Webブラウザーと同じような「戻る」と「進む」ボタンを装備。これらを使えば、今までに読んだメールの表示履歴をたどれる。複数のフォルダーを行き来してメールを読んでいる場合や、検索機能で表示させたメールをもう一度読みたい場合などには便利だ。

 また、フォルダーの表示(フォルダービュー)を切り替えられるようにした。フォルダーウインドウ上部の三角ボタンをクリックすると、(1)「すべてのフォルダ」、(2)未読メールを含むフォルダーだけを表示する「未読フォルダ」、(3)ユーザーが登録したフォルダーだけを表示する「お気に入りフォルダ」、(4)「最近使ったフォルダ」――に切り替わる。

 それぞれのメールに「タグ」を付ける機能も強化。メールに「イベント」「週末のプロジェクト」といったタグを付けることで整理しやすくする。同様の機能は従来版にもあるが、1つのメールに付けられるタグ(ラベル)は1つだけだった。新版ではこの制限をなくした。

 フリーのメールサービス「Gmail」や「.Mac」との連携も強化した。従来版では、Thunderbirdでこれらのメールサービスを使おうとすると、ポート番号やセキュリティオプションの設定が必要だった。新版では、ユーザー名(アカウント)を入力するだけで使えるようになった。

 なお、Thunderbird 2のリリースに伴い、従来版Thunderbird 1.5の更新(マイナーバージョンアップ)は2007年9月で終了する。このためMozilla Japanでは、すべてのThunderbirdユーザーに対して、Thunderbird 2にアップグレードすることを推奨している。