PR
開始当初は約1500本のアニメをラインアップ。今後も増やしていく予定
開始当初は約1500本のアニメをラインアップ。今後も増やしていく予定
[画像のクリックで拡大表示]

 シネマナウ ジャパンは2007年4月19日、同社が運営する「CinemaNow」で東映アニメーションが所有するアニメのダウンロード配信を開始した。

 開始当初配信するのは「東映アニメBBプレミアム」で提供している「ゲゲゲの鬼太郎」「スラムダンク」「銀河鉄道999」「北斗の拳」など約1500話。通常のテレビシリーズは1話105円(一部作品を除く)、テレビシリーズの特別編は1話315円、劇場版アニメは420円。視聴は再生ボタンを押してから48時間可能で、48時間後は自動的にファイルが見られなくなる。提供されるファイルはWMV形式で、ビットレートは1Mbps、解像度は640×480ドット。

 CinemaNowでは、現在映画や海外ドラマなどでダウンロードコンテンツを売りきりの形式と今回のようなレンタル形式で展開している。ダウンロードした動画をDVDに書き込んでDVDプレイヤーなどでも視聴できる「Burn to DVD」を「6月目指して準備中」(シネマナウ ジャパン)だ。