PR
WSAシリーズ
WSAシリーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 ディアイティは,米MicrosoftのSSL-VPN装置向けソフト「Intelligent Application Gateway(IAG)2007」を搭載したSSL-VPNアプライアンス「WSAシリーズ」を,2007年6月に販売開始する。価格は,140万円(税別)から。開発会社はシンガポールCelestix Networks。初年度販売目標は100台。

 IAG 2007は,米Microsoftが買収した米Whale CommunicationsのSSL-VPNソフト「e-Gap」をベースとする。WSAシリーズは,Windows Server 2003上で,IAG 2007と米Microsoftのプロキシ・サーバー・ソフト「Internet Security and Acceleration Server 2006」(ISA Server 2006)を動作させる。

 特徴として,SSL-VPNに対する各種業務アプリケーション用のアクセス権限設定が容易であるとしている。米MicrosoftのExchange Server,SharePoint Portal Server,Dynamicsや,独SAP,米IBMといった業務アプリケーション向けにあらかじめカスタマイズ済みのアクセス・ポリシーを用意しているという。

 製品ラインアップはハードウエア構成の違いに応じて3種類を用意した。10ユーザー・ライセンスを含んだハードウエア価格は以下の通り。高さ1Uで最大同時接続数200の「WSA 3000」が140万円(税別),高さ1Uで同時接続数500の「WSA 4000」が185万円(税別),高さ2Uで同時接続数1500の「WSA 6000」が320万円(税別)。なお,エントリ機種のWSA 3000に限ってSSLアクセラレータを搭載していない。