PR

 米アップルは2007年4月19日(米国時間)、Mac OS X 10.3.9/10.4.9のぜい弱性を修正するセキュリティアップデート「Security Update 2007-004」を公開した。同社では、すべてのMax OS Xユーザーに対して、適用することを推奨している。

 今回のセキュリティアップデートで修正されるぜい弱性は25件。これらの中には、細工が施されたファイルを開くだけで悪質なプログラムを実行される危険なぜい弱性が含まれる。ぜい弱性は、以下のアプリケーション/コンポーネントに存在する。

AFP Client、AirPort、CarbonCore、diskdev_cmds、fetchmail、
ftpd、GNU Tar、Help Viewer、HID Family、Installer、
Kerberos、Libinfo、Login Window、network_cmds、SMB、
System Configuration、URLMoun、VideoConference、WebDAV、WebFoundation

 セキュリティアップデートは、Mac OS Xの「ソフトウェア・アップデート」機能で適用できる。また、同社のダウンロードサイトからも入手できる。