PR

 セールスフォース・ドットコムは4月24日、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)の新バージョン「Salesforce Platform Edition(SPE)」の提供を開始した。Salesforceのアプリケーション開発・実行環境のサービスのみを提供する。セールスフォースはこれまで、CRM(顧客情報管理)サービスを中心にユーザー数を伸ばしてきた。SPEの投入によって、CRM以外の業務層の顧客拡大を図る。

 SPEは、これまで「Apex」の名称で提供していたサービス。具体的には、データ管理、セキュリティ、ユーザー・インタフェースなどを提供する「Salesforce ODOS(オンデマンド・オペレーティング・システム)」、データベースの作成機能「Salesforce DB」、Webサービス連携のAPIである「Salesforce API」、業務ロジックを記述する「Salesforceコード」などから成る。

 SPEには、利用形態によって3種類のエディションがある。標準版の「Enterprise Edition(EE)」は、同社のアプリケーション取引サイト「AppExchange」に登録されているアプリケーションを10種類まで利用できるなどの制限がある。大規模版の「Unlimited Edition(UE)」は、「AppExchange」アプリケーションを無制限に利用できる。このほか、セールスフォースのプラットフォームを使ってSaaSを開発・提供したいソフト・ベンダー向けの「OEM Edition」がある。

 いずれのサービスも、CRMアプリケーションが付属する同エディションに比べて、半額以下の価格で利用できる。1ユーザー当たりの価格は、EEが月額で6300円(CRM付きの場合は1万5000円)、UEは月額1万2600円(同3万円)。OEM Editionは月額3150円である。

 SPEを提供する理由を、同社の榎隆司 執行役員製品・サービス・技術統括本部長は、「CRMはいらないから、プラットフォームだけを使ってアプリを開発したり、AppExchange上のアプリだけを使いたいという企業が、ことのほか多かったため」と話す。米国では、モルガン・スタンレーが、CRMサービスを使わず、人事システムだけを開発しているなどの例があるという。

 セールスフォースは2005年7月、「Multiforce」の名称でSPEと同様のサービスを発表、SaaSの開発・実行環境だけを提供しようとした。しかし機能が不十分だったりニーズが少なかったりなどの理由から、ほどなくサービスを打ち切っていた。SPEは同社にとって、Multiforceのリベンジとも言える。