PR
超低電圧版Core 2 Duoを内蔵した「CF-R6」
超低電圧版Core 2 Duoを内蔵した「CF-R6」
[画像のクリックで拡大表示]

 松下電器産業は2007年4月25日、モバイルノートパソコン「Let's note(レッツノート)」の夏商戦向けモデル3機種を発表した。CPUを従来製品のCore DuoからCore 2 Duoに、メモリーを512MBから1GBにそれぞれ強化した。5月18日に発売する(発表資料製品情報)。

 今回発表したのは、4種類あるLet's noteのうち、10.4型液晶ディスプレイの「CF-R6」と12.1型液晶ディスプレイの「CF-T5」「CF-W5」の3機種。想定実勢価格は順に約21万円、約22万5000円、約25万円。

 3機種いずれも、従来製品はメモリーが512MBだったが、これを1GBに増強。オンボードのメモリーは従来製品と同様に512MBだが、1基ある増設スロットに512MBのメモリーモジュールを挿した状態で出荷する。CPUはいずれもCore 2 Duo U7500(1.06GHz)とした。また、内蔵ハードディスク容量を60GBから80GBに増やしている。

 なお、仕様の強化に伴ってバッテリー駆動時間は各モデルで30分~1時間減少、重さもそれぞれ10g増加している。CF-R6は940gで7.5時間駆動、CF-T5は1270gで13時間駆動、CF-W5は1210gで10時間駆動である。

 3機種とも、Office 2007 Personal with PowerPoint 2007をプリインストールしたモデルを別途用意する。想定実勢価格は通常モデルよりそれぞれ約3万5000円高。