PR

 ソニーは2007年4月26日,ユーザーが撮影した個人的な映像を限られた範囲で共有したり,オフィシャルな公式映像コンテンツをダウンロードしたりできる映像共有サイト「eyeVio」(アイビオ)を,4月27日に開始すると発表した。利用料は無料である。同サイトは,パソコン以外の端末でも映像を楽しめるように工夫しているのが特徴だ。ソニー製の端末では,映像再生機能を搭載した携帯音楽プレーヤーの「ウォークマン」や携帯ゲーム機の「PSP」(プレイステーション・ポータブル)に,映像をダウンロードして持ち運ぶことができる。また,米AppleのiTunesがインストールされたパソコンでも映像のダウンロードが可能で,携帯音楽プレーヤーの「iPod」に映像を転送できる。携帯電話機では,NTTドコモとKDDI(au),ソフトバンクモバイルの第3世代移動通信(3G)サービス対応端末から映像の視聴や投稿ができる。

 また,映像撮影機能のないデジタルカメラのユーザーでも簡単に映像を投稿できるように,複数の静止画から音楽付きの映像を作成する専用ソフト「x-Pict Sony for アイビオ」を提供する。今後は,テレビ受像機でも同サイトを視聴できるようにする計画である。今年の夏ごろには,HD(高精細度)画質の映像の投稿・配信ができるようにする計画だとしている。

 さらに同サイトでは,著作権を侵害するコンテンツの投稿を防ぐため,24時間有人で監視しているという。著作権の及ぶ範囲を映像投稿者が投稿時に指定できる「クリエイティブコモンズ」も採用している。