PR

 米Adobe Systemsは現地時間4月26日,リッチ・クライアント・アプリケーション構築ツールAdobe Flex SDKを,Mozilla Public License(MPL)に基づいてオープンソース化すると発表した。今夏までに公開バグ・データベースとともに日々更新するFlex SDKのビルドの提供を開始し,2007年末には完全なオープンソース・プロジェクトに移行する計画だ。

 Flex SDKは,ブラウザ上で動作するFlexアプリケーションを構築するのに必要なすべてのコンポーネントを含んでいる。Adobeは現在,Flex SDKを無償で提供しているが,オープンソース化によって,Adobe独自のスクリプト言語であるActionScriptとXMLベースのユーザー・インタフェース定義言語MXMLのコンパイラ,ActionScriptのコア・ライブラリとデバッガなどのJavaソースコードを利用可能にする。一方,EclipseベースのFlexアプリケーション開発環境であるFlex Builder(有償)はオープンソース化の対象としない。

 Adobeは,Flex SDKをオープンソース化した後も,Flex BuilderやFlex関連サーバー製品などに含める形でFlex SDKの商用版の提供を続ける方針。オープンソース化当初はオープンソース版と商用版はほぼ変わらないが,商用版についてはサードパーティやほかのAdobe製品のコンポーネントがバイナリ形式で提供されるようになる可能性もあるという。

 Adobeはこれまで,Mozilla FoundationにActionScriptエンジンのソースコードを提供したほか,同社の次世代デスクトップ環境Apollo(開発コード名)においてオープンソースのWebKitエンジンを使用するなど,オープンソース・コミュニティとのコラボレーションを推進している。今回のFlex SDKのオープンソース化もこうした方針の一環となる。

[発表資料へ]