PR

 NECとNECソフトは,メール・フィルタリング・サーバーとメール暗号化サーバーをセットにしたメール・サーバー・システム「メール自動暗号化システム」を,2007年5月7日に販売開始した。出荷開始は2007年6月1日。価格は,ソフトウエアをインストールしたPCサーバー2台からなる最小構成で500万円(税別)から。

 メール自動暗号化システムは,セキュリティ機能を持つメール・サーバー・ソフトをPCサーバー機にインストールしたアプライアンスである。(1)メール・フィルタリング機能を持つメール・サーバー・アプライアンスと,(2)メール暗号化機能を持つメール・サーバー・アプライアンスの2台で構成する。

 それぞれの詳細は,(1)キヤノンシステムソリューションズが開発したメール・フィルタリング・ソフト「GUARDIANWALL」をLinux上で動作させたアプライアンスと,(2)米PGPが開発したLinuxベースのメール暗号化機能付きメール・サーバー・ソフト「PGP Universal」をPCサーバー機にインストールしたアプライアンスである。いずれも,PCサーバー機としてNECの「Express5800/120Ri-2」を用いる。

 (1)GUARDIANWALLは,メールの中身を調べて,メールの送受信を禁止したり,メールの送受信記録を残したりする。内部統制用途として,従業員による情報の漏えいなどを防止する。(2)一方のPGP Universalは,メール・サーバー上で個々のメールをPGPまたはS/MIMEで暗号化/復号する。インターネット上で情報が盗まれるといったネットワーク・セキュリティ上の問題を回避する。

 今回販売を開始したメール自動暗号化システムでは,これら2種類のソフトをそれぞれインストールした2台のメール・サーバー機を連携させる。まず,GUARDIANWALLがメールの中身をフィルタリングし,その後,必要に応じてPGP Universalにメールを中継し,暗号化する。