PR
Adobe Creative Suite CS3 Master Collectionのボックスショット。通常版のアドビストア価格は39万8000円
Adobe Creative Suite CS3 Master Collectionのボックスショット。通常版のアドビストア価格は39万8000円
[画像のクリックで拡大表示]
Adobe Creative Suite CS3 Design Premiumのボックスショット。通常版のアドビストア価格は29万8000円
Adobe Creative Suite CS3 Design Premiumのボックスショット。通常版のアドビストア価格は29万8000円
[画像のクリックで拡大表示]
Adobe Creative Suite CS3 Web Premiumのボックスショット。通常版のアドビストア価格は22万6000円
Adobe Creative Suite CS3 Web Premiumのボックスショット。通常版のアドビストア価格は22万6000円
[画像のクリックで拡大表示]

 アドビシステムズは2007年6月下旬,プロ向けデザインツールのスイート製品のメジャーアップグレード版「Adobe Creative Suite CS3日本語版」を発売する。CS3にはアドビが買収した旧マクロメディアの製品であるFlashやDreamweaverが加わり,Illustrator,Photoshopなどアドビの主力製品との連携機能が備わった。

 IllustratorとPhotoshopは,スタートアップ画面を旧マクロメディア製品と統一し,新規ファイルの詳細設定やテンプレートからの制作を容易にした。ツールの入門者でも抵抗なく作業が始められるようにとの配慮だという。パッケージやアイコンのデザインは各製品を表す色と頭文字のシンプルな「マクロメディア・スタイル」に揃えた。動作環境はMacintosh版にIntel Macが加わったほか,Windows Vistaに新たに対応した。

 Photoshopの競合製品として扱いが注目されていた旧マクロメディアの画像編集ツールFireworksは,Webページのプロトタイプ作成ツールとして再定義された。静止画像として作成したページのナビゲーションボタンにリンクを指定してWebサイトのように動作させる機能のほか,Photoshopのレイヤー効果をすべて保持する機能を追加し,他製品との連携と使い勝手を向上させた。

 CS3の製品ラインナップは,主に印刷媒体のデザイナー向けの「Adobe Creative Suite CS3 Design Edition(Standard版とPremium版)」と,Webデザイナー向けの「Adobe Creative Suite CS3 Web Edition(Standard版とPremium版)」の4製品で,従来の2製品から増えた。2007年7月下旬にはDesign EditionとWeb Editionに含まれる全ツールを統合した「Adobe Creative Suite CS3 Master Collection(以下,Master Collection )」と,ポストプロダクション用スイート製品の「Adobe Creative Suite CS3 Production Premium」の2製品を発売する。すべてのスイート製品にはAdobe Acrobat 8 Professionalが含まれる。

プロ向けのPhotoshopが2製品に

 アドビはCS3の発売に合わせて,Adobe Photoshop CS3,Adobe Photoshop CS3 Extended,Adobe InDesign CS3,Adobe Illustrator CS3,Adobe Flash CS3 Professional,Adobe Dreamweaver CS3, Adobe Fireworks CS3,Adobe Contribute CS3の8製品のリリースを予定している。

 今回のアップグレードでプロ向けのPhotoshop製品は,通常版の「Adobe Photoshop CS3日本語版」と上位版の「Adobe Photoshop CS3 Extended日本語版(以下,Photoshop Extended)」の2製品に分かれた。Photoshop Extendedには通常版に含まれる全機能に加え,3次元のモデルデータをレイヤーとして読み込み,照明や角度の変更をしながらテクスチャを編集する機能を搭載した。また,ビデオレイヤーを読み込んで簡単なモーション・グラフィックの加工ができる機能を追加。2次元および3次元モデルの計測ツールを備えることにより,Photoshopのターゲット・ユーザーとして,従来のグラフィックデザイナーに加えて,プロダクトデザイナー,動画制作者などを取り入れた格好だ。

 なお,本バージョンでアップグレードの対象が変わる。Adobe Creative Suite 2 Premiumでは,Photoshop 1.0からPhotoshop CSまでの登録ユーザーも対象に含まれていたが,今回スイート製品のMaster Collectionをアップグレードで購入可能な対象はAdobe Creative Suite以降のユーザーが中心となるので注意が必要だ。

 単体製品から他のスイート製品にアップグレードできるバージョンは,Photoshopの場合はバージョン7以降,Illustratorは10以降,InDesignは2以降となる。単体製品をアップグレードする場合も,上記以前のバージョンは対象とならない。また旧マクロメディアのMacromedia Studio MX,同MX2004 ,同8(エイト)の日本語版およびAdobe Web Bundleのユーザーは,スイート製品のCS3にアップグレードできる。