PR

 米国運輸保安局(TSA:Transportation Security Administration)は米国時間5月4日,個人情報を保存しているハード・ディスクが5月3日から紛失していることを明らかにした。TSAの管理区域内に設置されていたもので,約1万人分の局員データが収められているという。

 ハード・ディスクに含まれていたのは,2002年1月から2005年8月の間に勤務していた局員の氏名,社会保障番号,生年月日,給与明細,銀行口座に関する情報など。同局は個人情報が含まれている該当者に連絡を取り,銀行やクレジット会社に通知するよう呼びかけている。

 TSAは,個人情報の紛失による被害を最小限に抑えるために,個人情報が含まれている該当者には,信用情報の監視サービスを1年間無料で提供する。さらに個人情報を悪用された場合の補償額として2万5000ドルまで負担するほか,専任の担当者によるサポートを提供する。

 TSAによると,ハード・ディスクが盗み出されたのか局内にあるのかは不明で,現在は捜査当局が広範な調査を実施しているという。

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]