PR
「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」
「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」
[画像のクリックで拡大表示]
きょう体表面に「Shizuku」という模様を付けた。水面に現れる波紋がモチーフ
きょう体表面に「Shizuku」という模様を付けた。水面に現れる波紋がモチーフ
[画像のクリックで拡大表示]
キーボードの手前にも同様に模様が付いている。オプションで指紋認証モジュールを追加可能
キーボードの手前にも同様に模様が付いている。オプションで指紋認証モジュールを追加可能
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカードは2007年5月10日、家庭向けノートパソコンの新製品「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」を発売した。価格は12万9990円から。同社直販サイトで注文を受け付ける。受注生産(BTO)方式で、CPUやメモリー、HDDなどの仕様をユーザーが選択可能。

 dv6500/CTでは、米インテルが9日に発表したノートパソコン向けプラットフォーム「Centrino Duo」の新版(開発コード名:Santa Rosa)を採用、チップセットをGM965としている。ただし、新Centrino Duoの特徴の一つである、マザーボード上にフラッシュメモリーを搭載して処理速度を向上させる「ターボ・メモリー」(開発コード名:Robson)機能は、発売当初の段階では実装しないという。また、無線LANの新規格であるIEEE 802.11nへの対応も当面は見送る。

 同社では「Zen-design」という、和風の造形をモチーフにしたきょう体デザインを複数のノートパソコンで展開している。dv6500/CTでもZen-designを実施しており、水面に現れる波紋をモチーフにした「Shizuku」と呼ぶ模様をきょう体表面に付けている。

 主な仕様は次の通り。CPUはCore 2 Duoで、T7100(1.8GHz)またはT7300(2GHz)を選択可能。メインメモリーは1G~2GB、内蔵HDD容量は80G~160GB。IEEE 802.11a/b/g準拠の無線LANとBluetoothのモジュールを内蔵する。ディスプレイは15.4型で、解像度は1280×800ドット。SD、xD、メモリースティックの読み書きが可能なメモリーカードスロットを標準搭載。USB 2.0端子は3つ備える。プリインストールOSはWindows Vista Home Premiumのみ。オフィスソフトは「Office 2007 Personal」「Office 2007 Personal+PowerPoint 2007」、プリンストールなしから選択可能。オプションで指紋認証モジュールとWebカメラモジュールを内蔵できる。外形寸法は幅357×奥行き257×高さ41mm、重さは2.86kg。標準の内蔵バッテリーで3時間の連続駆動が可能。