PR

 インターネット・ベースの生物図鑑「Encyclopedia of Life」を作成するプロジェクトが立ち上げられた。同プロジェクトに出資する米John D. and Catherine T. MacArthur Foundationが米国時間5月9日に明らかにしたもの。今後10年をかけて,動物や植物など,地球上の既知の生物全180万種を掲載する計画である。

 同プロジェクトの執行ディレクタに任命されたJames Edwards博士は,「いつでもどこでも,誰もが環境保護と生物多様性に関する情報にアクセスし,生物の計りしれない多様性とその課題,そして保全方法について理解を高めることができる」と述べる。「たいへんよく整理された,かつてないほど高品質な情報が利用可能になる」(同氏)。

 Encyclopedia of Lifeは同プロジェクトのWebサイトで無償公開する。テキストのほか,画像や映像,音声,地図なども組み合わせる。世界中の専門家が協力し,wiki方式で編集する。当初は動物,植物,菌類に取りかかり,微生物まで手がける可能があるという。

 フィールド博物館,ハーバード大学,ウッズホール海洋生物学研究所,スミソニアン協会,ミズーリ植物園,米英の博物館や研究機関からなるコンソーシアムBiodiversity Heritage Library,アメリカ自然史博物館,英国王立植物園などが参加する。John D. and Catherine T. MacArthur Foundationが1000万ドル出資するほか,米Alfred P. Sloan Foundationが250万ドルを援助する。

 Encyclopedia of Lifeでは,現在デモ・ページを公開している。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]