PR

 米Red Hatと米IBMは,メインフレーム・コンピュータ製品系列「IBM System z」へのサーバー向けLinux「Red Hat Enterprise Linux」導入推進で協業する。両社が米国時間5月9日に明らかにしたもの。

 Red HatがSystem z専任の技術スタッフを増員するなどして,両社は販売前および販売後の技術サポート体制を強化した。他社のソリューション開発を支援するほか,共同ソリューション開発/提供にも取り組む。

 またRed Hatは同日,米Intelのパソコン向け管理技術「Intel vPro」に対応するソフトウエア・プラットフォーム「Virtual Appliance OS」を発表した。同プラットフォームを利用すると,Intel vProで管理可能な仮想環境を構築できる。2007年末にVirtual Appliance OSのベータ版を公開し,2008年に一般提供を開始する予定。ソフトウエア開発キット(SDK)の提供も計画している。

 さらにRed Hatは,デスクトップ・クライアント「Red Hat Global Desktop」についても発表した。同クライアントで,企業向けの各種プロダクティビティ・アプリケーションをパッケージングして提供する。

[発表資料(IBMとの協業)]
[発表資料(Virtual Appliance OS)]
[発表資料(Red Hat Global Desktop)]