PR
写真1 「Ring2 Conference Controller for BlackBerry」の画面。ここから電話会議システムの管理が可能
写真1 「Ring2 Conference Controller for BlackBerry」の画面。ここから電話会議システムの管理が可能
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 Ring2Communicationsが提供するBlackBerry向けソフトウエアを紹介する日系クオーターのKeiko Izumi氏
写真2 Ring2Communicationsが提供するBlackBerry向けソフトウエアを紹介する日系クオーターのKeiko Izumi氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米フロリダ州で開催中の「Wireless Enterprise Symposium 2007」の展示会場では,スマートフォン「BlackBerry」の関連機器/ソリューションを提供する企業がブースを構え,自社製品の展示やソリューションのデモンストレーションを行っている。

 米国と英国に拠点を持ち,電話会議用ソフトウエアやサービスを展開しているRing2Communicationsもその一つ。同社は利用しているキャリアに依存せず,企業向けに24時間いつでも使える仮想的な電話会議室サービスを提供している。特定の電話番号にかけることで,どこからでも同社のネットワーク上で提供される電話会議システムに参加できる。

 同社は,BlackBerry上で電話会議を制御,管理するクライアント・ソフト「Ring2 Conference Controller for BlackBerry」を開発。一目で誰が電話会議に参加しているかが分かるほか,BlackBerryの連絡先から新たな参加者を追加したり,特定の参加者の音声をミュートにしたり,保留したり,電話会議からはずしたりといったコントロールができる。通話の録音も可能。同時通話数は最大125ユーザー。開発に当たっては「可視性,安全性,操作性を重視した」という(写真1,写真2)。

 また同社は,6カ月後にはWindows MobileやSymbian OSでも同様のアプリケーションを提供する予定だとしている。