PR
[画像のクリックで拡大表示]

 マクニカネットワークスは5月10日、iSCSIを利用するIP-SAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)用のストレージ装置である「Intransa PCU100」の出荷を開始した。10ギガビット/秒のイーサネットでサーバーと接続でき、ファイバ・チャネル並みの通信速度を実現する。

 iSCSIは、イーサネットを介して、サーバーとストレージ装置を接続するためのインタフェース仕様。TCP/IPを利用するため、イーサネット・スイッチや通常のNIC(ネットワーク・インタフェース・カード)も使用できる。そのため、安価にSANを構築可能である。

 iSCSIは、SCSIコマンドをIPパケットに格納する処理に負荷がかかるため、処理性能が劣化してしまうという弱点がある。PCU100は10ギガビット/秒のイーサネットを利用することにより、スループットは単体で750Mバイト/秒となり、「ファイバ・チャネルと同等の性能を出せる」(マクニカネットワークス ソリューション営業統括部の山本知基氏)。

 ディスク・ドライブはシリアルATAのみで、最大180テラ・バイトを搭載できる。Intransa製品は、ストレージ・コントローラとディスク・エンクロージャという2つのモジュールからなり、性能や容量を拡張しやすいアーキテクチャを採用した。参考価格は、ストレージ・コントローラが約1500万円~、4テラ・バイトのディスク・エンクロージャが約300万円~である。