PR

 TISは5月10日、2007年3月期の業績予測の修正を発表した。経常利益をゼロから12億円に、当期純損益を12億円の赤字から8億円の赤字に修正した。同社は、クレジットカード大手のジェーシービーの基幹系システム刷新プロジェクトとみられる大型案件が難航していることで、2月に経常利益を132億円からゼロに下方修正している(関連記事)。

 今回の上方修正の理由についてTIS広報は、「大型案件以外のプロジェクトで、積み上げていたリスクが顕在化しなかったことと、旅費や交際費などを全社的に削減したため」と説明する。同社は今月17日に07年3月期の決算を発表する。