PR
SQL Anywhere 10に付属するデータ同期設定ウィザード
SQL Anywhere 10に付属するデータ同期設定ウィザード
[画像のクリックで拡大表示]

 アイエニウェア・ソリューションズは,組み込み用途やモバイル端末向けにデータ同期機能を備えるRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)の新版「SQL Anywhere 10」を,2007年5月10日に販売開始した。5月末に出荷する。価格は,5ユーザー分のデータベース同期環境一式からなる基本パッケージが13万8000円(税別)など。

 SQL Anywhereは,組み込み用途やノートPCなどのモバイル端末向けに軽量に作られたRDBMSである。営業担当者や配送担当者など,外出先に企業データを持ち出して参照/データ入力する業務に適する。モバイル用途に特化した機能として,DBMS同士のデータ同期機能を備える。社内DBサーバーとノートPC/PDAとの間でデータを同期できる。

 新版では,DBエンジンを作り変えて高速化を図るとともに,可用性の向上や使いやすさの向上などを図るなど,「200を超える改善」(早川典之社長)を図った。例えば,SQL Anywhereをモバイル用途だけでなく社内のDBサーバーとしても運用できるよう,クラスタリング構成でミラーリングを図り,可用性を高められるようにした。

 高速化では,スレッドの並列実行によるデータ・バックアップ時間の短縮化のほか,データベースに対する論理ビューが物理的にデータを持つようにした。ビューにひも付いたテーブルから逐次データを読み出すよりも,ビューにデータを格納しておけば,ビューの参照が高速になる。

 データベースの暗号化機能も高速に動作するようにした。従来版が備えていたデータベース全体の暗号化に加え,より暗号処理が少なくて済むよう,テーブルやカラム単位での暗号化を可能にした。漏えいさせてはならない情報だけを暗号化し,他の情報を暗号化しない,という運用が可能になる。これにより,データベース全体を暗号化するよりも処理が軽くなる。

 使いやすさの改善では,データベース同期の設定を,ウィザード形式で簡単にできるようにした。従来版では,スクリプトの記述方法を勉強しなければデータ同期ルールを設定できず,エンドユーザーが使うには難しかった。また,開発者向けには,米Microsoftの統合開発環境であるVisual StudioにSQL Anywhereの開発機能を組み込んで統合化できるようにした。組み込み用のDBMS環境をMSI形式(Windowsインストーラ形式)で出力する機能も追加した。