PR

 書籍や文具販売の丸善は5月14日、マイクロソフトのCRM(顧客情報管理)ソフト「Dynamics CRM」を使って営業支援システムを刷新したと発表した。日本ビジネスコンピューターのBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを併用し、400人の営業担当者の営業支援機能や基幹システム連携、BI、モバイル連携などの機能を、3カ月で実装した。

 丸善は、導入済みのExchange Serverとの連携が容易であること、社員が使い慣れたExcelなどをそのままクライアント・ソフトとして利用できることなどを評価して、Dynamics CRMの導入を決めた。従来の営業支援システムでは、電子メールやスケジュール管理といった他のシステムを併用する必要があったり、現場での利用が思うように進まなかったりといった問題があったという。

 丸善は今後、新営業支援システムを活用して、事業の進捗状況把握や売り上げ予測の精度向上、顧客情報の有効活用、案件発掘や獲得のプロセスの可視化などを図る。