PR

 独SAPは現地時間5月14日,小規模企業の買収を通じてポートフォリオの拡充を図る戦略の一環として,ノルウェーのMaXwareとフィンランドのWicom Communicationsの買収を発表した。いずれも買収金額は明らかにしていない。Wicomの買収手続きは5月7日に完了しており,MaXwareの買収は5月中に完了する見通しだという。

 MaXwareは,アイデンティティ管理ソフトウエアを提供する未公開会社。製造業,金融サービス業界を含め,世界に300社以上の顧客を持つ。SAPは,MaXwareの買収を通じて,同社のアプリケーション統合プラットフォームである「NetWeaver」のアイデンティティ管理機能の強化を図る。

 Wicomは,IPベースのコンタクト・センター・アプリケーションを提供する未公開会社。Wicomの買収は,SAPのCRM(顧客情報管理)ソフトウエアの強化を狙ったもの。コミュニケーション技術をビジネス・システムに統合することで,顧客サービスの向上を図る。買収を通じて獲得した技術は,SAPの既存のコンタクト・センター・アプリケーション「SAP Interaction Center」に統合される。

発表資料(1)
発表資料(2)