PR

 米IBMは米国時間5月15日,ITガバナンスおよびリスク管理向けの各種ソフトウエア/サービス製品を発表した。

 IBMによると,企業ではITガバナンス/リスク管理に対する優先度が急速に高くなっているという。IBMが調査したところ,企業CFO(最高財務責任者)の79%は「情報統合とビジネス予測のため,3年以内にガバナンス体制を構築する」と回答した。また企業CIO(最高経営責任者)の64%は,IT部門が直面する大きな問題の1つとしてセキュリティ・コンプライアンスとデータ保護を挙げているという。

 IBMが15日に発表した主なITガバナンス/リスク管理製品の概要は,以下の通り。

・「Business of IT Dashboard」:アプリケーションに関する評価/計画/設計/導入/監視作業を支援し,ITシステムの稼働状況などを監視することで,業務効率の改善や成果の獲得につなげるスイート製品

・「IT Lifecycle Management and Governance Services for Tivoli service desk」:ITシステムにかかわる問題解決を図るサービス・デスク・ソリューション

・「Tivoli Business Service Manager」:重要な業務サービスの稼働状況をリアルタイムに示し,意志決定を支援するソフトウエア

・「IBM Tivoli Security Operations Manager v4.1」:ネットワークおよびITシステムの動作を維持し,外部からの脅威に対抗するセキュリティ・イベント管理プラットフォームの新版

・「IBM Rational Portfolio Manager v.7.1」:ITシステムに対する投資を調整し,優先度を決定するためのプロジェクト管理ソリューション

[発表資料へ]