PR

 野村総合研究所(NRI)は5月16日、オープンソース・ソフトで障害が発生した場合に救急対応するサービスを開始した。事前契約が無くても、電話で申し込みを受けて約1時間で処置を開始する。料金は、1トラブルにつき、99万円から。

 サービス名称は、「NRIオープンソース救急センター」。対象とするオープンソース・ソフトは、Apache、Tomcat、JBoss、MySQL、 PostgreSQLなど約30種である。障害時に、問題の切り分け、ソースコードの解析から、安定稼働への支援までを実施する。リモート・アクセス・ツールを利用し、遠隔地から対処する。

 こうしたサービスを提供する理由として「オープンソース・ソフトは既に商用ソフトと遜色ない品質になり、一般に広まってきている。ただ、いったんトラブルが起こると対応できる技術者が限られており、ニーズが高い」(NRI)ことを挙げる。

 同社はこれまで「OpenStandia(オープンスタンディア)」という名称で、構築を請け負ったシステムに対する保守サービスを提供してきた。今回のサービスで、他社が構築したシステムに対しても保守を実施するようになった。