PR

 永和システムマネジメント(ESM)ネットワーク応用通信研究所(NaCl)は5月16日,ソフトウエア開発関連ビジネスに関して業務提携したと発表した。ESMが得意とするアジャイル開発プロセス/オブジェクト指向技術と,NaClのプログラミング言語Ruby関連技術を持ち寄ることで,より変化に強く,迅速なソフトウエア開発を可能にするための製品やサービスを提供する。

 ESMは,ソフトウエア開発の早い段階から短期間でリリースを繰り返し,ニーズをくみ上げながら完成に近づけていく「アジャイル開発」のプロセスや,Javaに代表されるオブジェクト指向技術を得意とする。一方,NaClはRuby言語の開発者であるまつもとゆきひろ氏が在籍しており(まつもと氏の役職はフェロー),Rubyのコンサルティング事業を展開するなど,Rubyの技術とノウハウに強みを持つ。

 両社が共同で推進するのは,以下の三つのビジネス。(1)ソフトウエア開発案件の受注と開発サービス,(2)両社の教育コンテンツを統合した教育事業およびコンサルティング事業,(3)UMLモデリング・ツール「JUDE」をはじめとする,ESMが販売しているソフトウエア開発ツールの販売――である。これらの事業の営業活動を担当する新会社を共同出資で設立することも検討していくという。