PR
写真●RealNetworks,Technology Products and Solutions and International Operations部門担当社長のJohn Giamatteo氏(左)とSony DADC社長のDieter Daum氏(右)
写真●RealNetworks,Technology Products and Solutions and International Operations部門担当社長のJohn Giamatteo氏(左)とSony DADC社長のDieter Daum氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 米RealNetworksとソニーは米国時間5月16日,RealNetworksがソニーの子会社Sony NetServicesを買収したと発表した。Sony NetServicesはSony DADCとSony Europeによる合弁事業で,オーストリアに本拠を置いている。モバイル事業者向けにエンド・ツー・エンドのデジタル音楽配信サービスを提供しており,現在欧州の8カ国で利用されている。

 RealNetworksは買収を通じて,欧州市場における事業強化を図る意向である。またSony NetServicesのホスト型サービスや,カスタム可能な音楽ストリーミング・プラットフォーム「StreamMan」により,自社サービスの拡充を狙う。

 同社は,Sony NetServicesの事業をオーストリアのザルツブルグにおいて継続する。なお米メディア(CNET)によると,買収は現金900万ドルで行う見通し。

 「Sony NetServicesは,世界でトップクラスのモバイル・エンターテインメント向けプラットフォームを提供している。同社を買収することで,韓国WiderThanの買収に引き続き,急成長を遂げるモバイル・エンターテインメント分野で強固な足場を築き,各国のモバイル事業者にサービスを提供したい」(RealNetworks,Technology Products and Solutions and International Operations部門担当社長のJohn Giamatteo氏)。

 またRealNetworksは同日,欧州におけるデジタル音楽サービスの配信に関して,英Vodafoneと複数年の提携を結んだと発表した。これにより,これまでSony NetServicesがVodafoneに提供していた音楽ストリーミングや楽曲のダウンロード購入といったモバイル音楽サービスを,RealNetworksが提供することになる。

 サービス提供エリアは,ドイツ,アイルランド,イタリア,ギリシャ,ポルトガル,ルーマニア,英国。また音楽のストリーミング・サービスはフランスで利用可能。

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]