PR

 オーストラリアのセキュリティ対策組織である「AusCERT」は2007年5月17日(現地時間)、「Dell Online Store(デル オンライン ストア)」をかたる悪質な偽メールが出回っているとして注意を呼びかけた(AusCERTの情報)。メール中のリンクをクリックすると悪質なWebサイトに誘導され、ウイルス(悪質なプログラム)をインストールされる恐れがある。

 偽メールは英語で記述されている。件名は、「Your order #[number] has been accepted for the amount 865.00 AUD(865オーストラリアドルのご注文 [注文番号] を受け付けました)」。送信者名は「Dell online Store <order_[number]@dell.co.uk>」として、デルから送られたように見せかけている。

 メールには、「ご利用いただきありがとうございます。865.00オーストラリアドルの『キャノン DF-E037 8.0 MP』のご注文を受け付けました。代金は、あなたのクレジットカードに請求させていだきます」といった内容が英語で書かれている。加えて、注文内容を確認するためのWebサイトのURLが記述されている。

 このWebサイトの正体はウイルスサイト。ぜい弱性(セキュリティホール)のあるパソコンでアクセスすると、パスワードなどを盗むウイルスを勝手にインストールされてしまう。

 こういった偽メールの被害に遭わないためには、「頼んでいないのに送られてきたメールや予期しないメールは疑ってかかる。そういったメールに書かれているリンクはクリックしない」ことが重要だと、AusCERTでは呼びかけている。

 加えて、(1)サポートが切れたWindows(Windows 95/98/Me/NT)をインターネットにつないで使っているユーザーは、Windows XPなどにアップグレードする、(2)OSに修正プログラムを適用する、(3)日常の作業は、権限の低いユーザーアカウントで実施する、(4)セキュリティ対策ソフトを利用する、(5)迷惑メール対策ソフト/サービスを利用する――ことを推奨している。