PR

 米Fairchild Semiconductorは,少なくとも4件の米国特許が台湾Alpha and Omega Semiconductor(AOS)のパワー・トランジスタ製品に侵害されたとして,特許侵害訴訟を起こした。Fairchildが米国時間5月18日に明らかにしたもの。

 Fairchildが侵害されたと主張する4件の特許は以下の通り。

・米国特許番号6,429,481:タイトルは「Field effect transistor and method of its manufacture」。1997年11月14日に申請し,2002年8月6日に成立した。22件のクレームから成る。

・米国特許番号6,521,497:タイトルは「Method of manufacturing a field effect transistor」。2001年5月9日に申請し,2003年2月18日に成立した。18件のクレームから成る。

・米国特許番号6,710,406:タイトルは「Field effect transistor and method of its manufacture」。2002年5月24日に申請し,2004年3月23日に成立した。32件のクレームから成る。

・米国特許番号6,828,195:タイトルは「Method of manufacturing a trench transistor having a heavy body region」。2003年1月17日に申請し,2004年12月7日に成立した。23件のクレームから成る。

 Fairchildによると,AOSとのあいだで2005年から特許ライセンス供与に関する交渉を行っていたという。Fairchildは損害賠償に加え,米国でのAOS製品販売と輸入禁止を求めている。

 これに対しAOSは米国時間5月17日,米国特許2件がFairchildに侵害されたとして,カリフォルニア州北部米連邦裁判所に提訴した。AOSが同日明らかにしたもの。対象とする特許は以下の通り。

・米国特許番号5,907,776:タイトルは「Method of forming a semiconductor structure having reduced threshold voltage and high punch-through tolerance 」。1997年7月11日に申請し,1999年5月25日に成立した。29件のクレームから成る。

・米国特許番号5,767,567:タイトルは「Design of device layout for integration with power mosfet packaging to achieve better lead wire connections and lower on resistance」。1996年9月10日に申請し,1998年6月16日に成立した。8件のクレームから成る。

 AOSから反訴されたことについて,Fairchildは「AOSのプレスリリースに掲載されていた特許を検討したところ,特許自体が無効であるか,Fairchild製品による侵害はないと確信している」と述べる。

[発表資料(Fairchild)]
[発表資料(AOS)]