PR

 米Googleは米国時間5月22日,同社の検索エンジンを使って,米国で最も検索されているキーワードをリアルタイムで表示する「Hot Trends」機能を発表した。検索キーワードの傾向などを調べられる同社の「Google Trends」ページで提供する。

 Hot Trendsでは,その日,米国で最も検索されたキーワードの上位100件を提供する。各キーワードをクリックすると,そのキーワードに関連した「Google News」のほか,ブログとWebの検索結果が表示される。また過去の日付を指定して,キーワード一覧を見ることも可能なため,「世間がある特定の日にどのようなことに関心を持っていたのか,スナップ写真を見るように即座に分かる」(同社)。

 同社はまたGoogle Trendsにおいて,これまで国別・都市別で表示していた検索キーワードのトレンドを,米国では州別,日本では県別といった具合に,70カ国以上でより詳しい情報を提供する。「例えば,“コニャック”が最も検索されているのは,フランスのどの地域かを知ることができる」(同社)。

 Googleはこれまで,検索キーワードの一覧と傾向をまとめた「Google Zeitgeist」を提供していた。米メディアInfoWorldによると,Hot Trendsの提供開始に伴いGoogle Zeitgeistの常時提供を中止し,年末にその1年のトレンドを発表することになるという。

[発表資料へ]