PR

 米Intel,仏伊合弁のSTMicroelectronicsは,両社フラッシュ・メモリー事業の研究開発,製造,営業,マーケティング資産を統合し,新たな半導体事業を設立する。両社と,新会社に出資する米Francisco Partnersが最終合意に達したことを,米国時間5月22日に発表した。

 新会社は,携帯電話,MP3プレーヤ,デジタルカメラ,コンピュータといったハイテク器機や家電向けのフラッシュ・メモリー供給を手がける。「顧客に完成度の高いメモリー製品を提供する一方,将来的な不揮発性メモリー技術への移行を促進する」(両社)。

 合意条件のもと,STMicroelectronicsは,NAND事業やNOR関連リソースを含むフラッシュ・メモリー資産を新会社に譲渡し,4億6800万ドルを現金で受け取る。Intelは,NOR関連の資産およびリソースを新会社に売却し,4億3200万ドルを現金で受け取る。新会社における保有率は,Intelが45.1%,STMicroelectronicsが48.6%。また,Francisco Partnersが1億5000万ドルを出資し,新会社所有権の6.3%を保持する。取引は2007年下半期に完了する見込み。

 新会社のCEOには,現在IntelのFlash Memory Groupでバイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャを務めるBrian Harrison氏が就任する予定。新会社COOには,STMicroelectronicsの現Flash Memories Groupコーポレート・バイス・プレジデントであるMario Licciardello氏が就く。

 新会社はオランダに会社設立し,スイスに本拠を置く。世界に9カ所の主要工場と従業員約8000人を抱える。ちなみにIntelとSTMicroelectronicsのフラッシュ・メモリー事業を合わせると,昨年の売上高は約36億ドルにのぼるという。

[発表資料へ]