PR

 米Symantecと中国の電気通信機器メーカーHuawei Technologies(華為技術)は米国時間5月21日,通信事業者や一般企業向けのセキュリティ・ストレージ製品を手がける合弁会社を設立すると発表した。新会社の本社は,中国の成都に置く。出資比率はHuawei Technologiesが51%で,Symantecが49%。

 Huaweiの知的財産ライセンスを使用するほか,研究開発,製造,エンジニアリングなどの専門知識を持つ750人以上の人材も活用する。加えて,Huaweiが世界で展開する顧客サービス/サポート(技術サポートやコール・センターの運営など)体制を取り入れる。

 一方のSymantecは,新会社の拡張に向けて1億5000万ドルを出資し,Symantecの企業向けセキュリティ/ストレージ・ソフトウエアのライセンスも提供する。

 合弁会社設立の手続きは,2007年末までに完了する予定。

[発表資料へ]