PR

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間5月23日に,米航空宇宙局(NASA)と7年間の技術契約を結んだと発表した。LinuxおよびUNIX対応デスクトップ・パソコン,ワークステーション,ブレードのほか,サーバーやプリンタなどを供給する。

 今回締結した納期未定・数量不確定(IDIQ)の契約「NASA Solutions for Enterprise-Wide Procurement IV Class 5(SEWP IV)」は,金額が最大56億ドルにのぼる見込み。

 NASAおよびその認定主要契約業者は,SEWP IVを通じてHP製品を購入することが可能。また,米復員軍人省も,SEWP IVを技術購入の必須契約に定めている。

 HPによると,同社は1992年から2007年にかけて,これまでの「NASA SEWP II」「SEWP III」契約のもと,米連邦政府機関に6億2000万ドル相当を超える製品やサービスを提供してきたという。

[発表資料へ]