PR

 米Network Appliance(NetApp)は米国時間5月23日,2007会計年度第4四半期(2007年2~4月期)と通期の決算を発表した。第4四半期の売上高は8億120万ドルで,前年同期から34%の増収となり,前期からも10%増加した。GAAPベースの純利益は8960万ドル(1株あたり利益は23セント)で,前年同期の5920万ドル(同15セント)から51%の増益。非GAAPベースの純利益は前年同期の8930万ドル(同23セント)から28%増の1億1420万ドル(同30セント)となった。

 通期でみると,売上高は前年から36%増の28億ドルとなり,GAAPベースの純利益は前年比12%増の2億9770万ドル(1株あたり利益は77セント)となった。非GAAPベースでは,同37%増の4億3070万ドル(同1.11ドル)だった。

 同社CEO(最高経営責任者)のDan Warmenhoven氏は,「すばらしい業績で締めくくることができた」とコメントしている。

 米IDCの2006年第4四半期の調査結果によれば,NetAppはFibre Channel SAN(Storage Area Network)市場において,売上高と出荷バイト数の両方で市場平均を上回る速度で成長している。NSA(Network Attached Storage)市場では,出荷バイト数のシェアで引き続き首位を獲得した。また,iSCSI市場では,出荷バイト数と売上高のシェアの両方で1位だった。

 NetAppは,2008会計年度第1四半期(2007年5~7月期)の見通しとして,売上高が同期から6~7%低下するが,前年同期と比べて20~21%増加すると予想。GAAPベースの1株あたり利益は14~15セント,非GAAPベースで24~25セントの範囲を見込む。

発表資料へ