PR

 米Microsoftは5月第4週,10月2~5日にカリフォルニア州ロサンゼルスで開催する予定だったProfessional Developers Conference(PDC)2007を取りやめた。これによって,Microsoftの秘密主義的なWindowsクライアント部門が,2008年後半にリリースする見込みの次期Windowsに関し,突如として当面の情報提供を行わないことになった。

 中止の理由について,Microsoftは開催時期を挙げた。10月までに「Windows Server 2008」「SQL Server Katmai」「Visual Studio Orcas」「Silverlight」といった開発者向け製品の“2007世代”の大多数をほぼ完成させ,何とかリリースできる状態にする予定なのだ。納得はできるものの,そのころには開発者たちが対象製品を手にすることなど分かり切っているのではないだろうか。Microsoftは,2007年終わりに開かれるサードパーティ開発企業のイベントをPDC 2007の代替としている。

■変更履歴
公開当初は第2段落の第3文を「納得はできるものの,Microsoft社内で開発者が対象製品の作業にとられることなど分かり切っているのではないだろうか」としていましたが,正しくは「納得はできるものの,そのころには開発者たちが対象製品を手にすることなど分かり切っているのではないだろうか」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2007/05/29 12:20]