PR
レーベルゲートとの協業について説明するマイクロソフト執行役常務の堺和夫氏
レーベルゲートとの協業について説明するマイクロソフト執行役常務の堺和夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2007年5月28日、音楽配信を手がけるレーベルゲートとマイクロソフトは、2007年9月を目処にWindows Media Player11を利用した音楽配信サービスをより充実させていくと発表した。

 すでにレーベルゲートでは、Windows Media Player向けの音楽配信サービス「mora win」を2006年9月に開始し、2007年1月にはWindows Media Playerと密接に結びついたサービスを開始している。今回の発表では、協業をさらに進めるとしている。

 具体的には、Windows Media Player11からmora winにアクセスした場合に、コンテンツをより簡単に検索する機能や、対応する携帯電話や携帯音楽・動画プレーヤーなどを拡充していく予定。
 また、同時に東芝からは携帯音楽・動画プレーヤー「gigabeat V401」「同801」も発表された。音楽や動画を持ち運べるほか、4.0型の横長液晶を備えワンセグ放送も視聴できる製品となる。