PR
写真1●F5ネットワークスジャパン シニアプロダクトマーケティングマネージャーの武堂貴宏氏
写真1●F5ネットワークスジャパン シニアプロダクトマーケティングマネージャーの武堂貴宏氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部プロダクトグループシニアプロダクトマネージャの古川勝也氏
写真2●マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部プロダクトグループシニアプロダクトマネージャの古川勝也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトと、ネットワーク管理製品などを手掛けるF5ネットワークスジャパン(以下F5ネットワークス)は5月29日、ネットワーク監視分野での協業を発表した。マイクロソフトの運用管理ソフト「System Center Operations Manager 2007」を核に、「複雑化するネットワークの管理業務を可視化する」(F5ネットワークスの武堂貴宏シニアプロダクトマーケティングマネージャ)という。

 今回発表した協業の内容は2つある。1つは、F5ネットワークスが、「System Center Operations Manager 2007」(以下SCOM)を組み込んだネットワーク監視アプライアンス「ControlPoint」を発売すること。もう1つは、F5ネットワークスが、同社のトラフィック管理製品をSCOMで監視するためのソフトを「管理パック」として提供することだ。

 ControlPointは、F5ネットワークスのトラフィック管理アプライアンス「BIG-IP」を対象にしたネットワーク、イベントの発生状況などを監視する。そのためにマイクロソフトは、F5ネットワークスにSCOMをOEM提供する。

 また、F5ネットワークスは管理パックをSCOM用の追加ソフトとして提供する。SCOMを利用している管理者向けに、BIG-IPを監視するためのガイドラインを示すといった機能を備えるのが特徴だ。ControlPointがなくても、他のサーバーの監視と併せて、BIG-IPを対象にしたネットワーク、イベント監視などができるようにする。

 ControlPointを今年末にも発売する予定だ。ControlPoint、管理パックともに「価格は未定」(武堂氏)だが、「ControlPointについては400万から500万円程度からになる見込み」(同)だという(写真1)。

 マイクロソフトは現在、「System Center」シリーズを拡充することでシステム管理製品を強化しようとしている。併せて、運用管理を効率化させるための標準化モデルの策定などに取り組んでいる。同社サーバープラットフォームビジネス本部プロダクトグループの古川勝也シニアプロダクトマネージャは、F5ネットワークスとの協業は、こうした取り組みの一環だと説明。同氏は、「企業のシステム管理者が個々のネットワーク機器などについて高度な専門知識を持たなくても、様々な環境のシステム、ネットワークを運用管理できるようにしていく」との方針を示した。