PR
WitchyMail
WitchyMail
[画像のクリックで拡大表示]

 NECソフトは,Webブラウザ経由で利用するメール・クライアント・ソフト「WitchyMail」の新版V3.0を,2007年6月20日に販売開始する。2007年6月下旬に出荷する。価格は,250ユーザーで96万円(税別)から。販売目標は今後3年間で約200セット。SIサービスを含めて約10億円の売上げを見込む。

 WitchyMailは,ISPのBIGLOBEで使っているWebメール・ソフトを企業向けに拡張したWebメール・ソフトである。特徴は,Webブラウザ経由でありながらAjaxを用いて専用のメール・クライアントに近い操作感覚が得られる点である。新版では,従来のPOP3に加えてIMAP4経由でメール・スプール・サーバーからメールを受信できるようにした。また,送信ポリシーの設定によって誤送信を防止する機能や,外部のソフトとの連携機能などを強化した。

 稼働環境は以下の通り。動作を保証する環境は,OSがRed Hat Enterprise Linux 3.0以降,Webサーバー・ソフトがApache 1.3.26以降。Apacheのモジュール型Perl環境であるmod_perl経由で使うことを推奨している。CPUはPentium4 (2.0GHz)以上,メモリーは2Gバイト以上を推奨する。