PR

 米VeriSignは米国時間5月29日,同社の社長兼CEO(最高経営責任者)であるStratton D. Sclavos氏の退職に伴い,William A. Roper Jr.氏を新しい社長兼CEOとして選出したことを明らかにした。併せて,Edward A. Mueller氏が取締役会会長となることも発表した。

 Roper氏は,2003年11月からVeriSignの社外取締役を務めてきたが,今回の人事によりVeriSignの従業員となる。同氏は,米Science Applications International(SAIC)が2000年にVeriSignに買収されるまでの10年間,同社のCFO(最高財務責任者)を務めた経歴を持つ。SAICが1995年に米Network Solutionsを買収してからは,Network Solutionsでも主導的な役割を果たした。

 新しい取締役会会長となるMueller氏は,2005年3月にVeriSignの取締役会に加わった。米AT&T(旧SBC Communications),米Ameritech,米Pacific Bell,米Southwestern Bell Telephoneなどで幹部を務めた後,専門小売業者の米Williams-SonomaでCEOを務めた。

 VeriSignは,過去のストックオプション付与に関連する内部調査が完了したことを明らかにしている。それによると,Sclavos氏を含め,現職の上級管理職によるによる意図的な不正は見つからなかったという。

発表資料へ