PR
[画像のクリックで拡大表示]

 5月27日に発生した全日本空輸(ANA)の大規模システム障害の件で、日本ユニシスは5月29日付けで「原因は究明中で確定していない」との声明を発表した(写真)。一部報道が障害原因がユニシス製システムに起因すると読み取れることに対してのものである。

 日本ユニシス広報部は本誌からの取材申し込みに対して、「全日空の一部のシステムを担当していることは事実」とした上で、「今回の障害に関するシステムが、当社の担当している部分かどうかは申し上げられない」と回答している。