PR
検索した結果に表示されるサイトの安全性
検索した結果に表示されるサイトの安全性
[画像のクリックで拡大表示]

 トレンドマイクロは2007年5月31日、Webサイトの安全性を評価するソフト「トレンドプロテクト」の提供を6月20日から開始すると発表した。

 トレンドプロテクトは、セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」ユーザー向けのソフトである。サイトやページの安全性を評価し、GoogleやYahoo!、MSNの検索結果に表示されるサイトの安全性を色別に表示するWebブラウザ用のプラグインソフトである(写真)。サイトの安全性として評価される情報は、例えば、サイトのIPアドレスやドメインが取得された期間が短い、不正プログラムを配布していたり不正プログラムのアクセス対象になっていたりする、アダルトなど好ましくないコンテンツを公開している、など。

 安全性は4種類の色で示す。トレンドマイクロが評価した結果は安全(緑色)、危険(赤色)、警告(黄色)、不明(グレー)の4つ。ユーザーが自分でサイトを信頼するホワイトリスト機能を備えており、ホワイトリストにあるサイトも警告と同じ黄色で表示する。

 ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティのユーザーが利用できるWeb上のサービス「トレンド フレックスセキュリティ」にアクセス。トレンドプロテクトをダウンロードして利用する。料金は無料。正式版の公開に先立ち、5月31日から6月8日の間、ベータ版を提供する。動作OSは、Windows XP Home/Professional(SP1以上)、Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate(32ビット版)。対応ブラウザーはInternet Explorer 6.0以上。

 同様のWebサイト評価ソフトには、マカフィーの「サイトアドバイザ」がある。