PR

 NECは5月31日,NGN(次世代ネットワーク)のサービス基盤を構築する際に使うソフトウエア製品「NC7000-WS」と「NC7000-VC」の販売を開始した。NC7000-WSは,NGNのネットワーク機能をアプリケーションから利用できるようにする製品で,通信事業者や各種サービス・プロバイダ向け。NC7000-VCは,FMC(fixed mobile convergence)サービスを構築するための製品で通信事業者向けである。

 NC7000-WSは通信事業者がネットワーク機能(呼制御,メッセージ送信,プレゼンス,位置情報)などをアプリケーションから操作できるようにするインタフェース仕様「Parlay X」をサポート。このParlay Xは,XMLデータとSOAPプロトコルを使う「Webサービス」として実装される標準インタフェースであるため,通信サービスの専門知識やノウハウがない開発者がNGNを活用するアプリケーションを開発しやすい。

 一方のNC7000-VCは,異なるネットワーク間を通話しながら移動できるハンドオーバーを実現したり,無線LANと携帯電話網をサポートするデュアル端末に対して最適なネットワークを選択して着信させたりできる。ハンドオーバーの形式としては,第3世代携帯電話の仕様を検討・作成する業界団体「3GPP」が策定したVCC(voice call continuity)を採用している。

 両製品とも価格は個別見積もり。NECは両製品合わせて,今後3年間で30システムの販売を目指すという。

[発表資料へ]