PR
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソース・ジャパンと管理システムは6月4日,国土交通省東北地方整備局釜房ダム管理所のWebサイトをオープンソースのAPサーバーZopeと,その上のコンテンツ管理システム(CMS)であるPloneで構築したことを明らかにした。

 国土交通省東北地方整備局釜房ダム管理所のWebサイトは,リアルタイムでのダムの水位,雨量,放流量や画像情報の提供や,フォトギャラリー,タイムリーに情報を伝えるブログ等で構成されている。子供向けページなどもある。

 Zopeはオープンソースのオブジェクト指向スクリプト言語Pythonで記述されたアプリケーション・サーバー(APサーバー)。Ploneはアクセシビリティ機能などを特徴とするZope上のCMS。Zopeにはブログやフォトギャラリーなどの多くのオープンソースのアドオン・モジュールがある。また,安倍晋三氏の公式サイトで採用されていることでも知られる(関連記事「【特選フリーソフト】安倍晋三氏の公式サイトが採用したオープンソースCMS Plone」)。