PR
写真1●Directory and Resource Administratorの画面例
写真1●Directory and Resource Administratorの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 NetIQは6月5日、Windowsサーバーのディレクトリ・サービス“Active Directory”をセキュアに管理するツール「Directory and Resource Administrator (DRA)」の出荷を開始した(写真1)。

 DRAを利用すれば、Active Directory上で使用できる権限を300以上に細分化できる。それにより、個々の担当者に必要最低限の権限を与えられる。Active Directoryのデフォルト機能では権限が細分化されておらず、過剰な権限を与えてしまうことで、過失または故意による間違いが発生しえた。

 また、DRAはWindows標準のツールよりも強力な監査機能を備えている。「いつ」「誰が」「何を」「誰に対して行ったか」を監査用ログに漏れなく記録することが可能である。

 価格は、Active Directoryに登録したユーザー数で決まる。最小構成価格は、100ユーザーあたり25万6000円(税抜き)。契約は、100ユーザー単位となる。