PR
サッカー大会には61台のロボットが集まった
サッカー大会には61台のロボットが集まった
[画像のクリックで拡大表示]
1チーム3台のロボットがコート上でゴールを奪い合う
1チーム3台のロボットがコート上でゴールを奪い合う
[画像のクリックで拡大表示]

 2足歩行ロボットが格闘技やサッカー競技を繰り広げる「KHR 3rd アニバーサリー」が2007年6月2日~3日、東京・秋葉原のUDXビルで開催された。主催は2足歩行ロボットキットを発売している近藤科学。ロボットキットKHRシリーズ発売3周年を記念するイベントだ。1日目の格闘技には34台、2日目のサッカーには61台ものロボットが集まり、熱戦を繰り広げるとともにユーザー同士の交流を深めた。

 2005年、2006年の大会ではリング上で2台のロボットが対戦する格闘技のみが開催されていたが、今年からはサッカー競技が加わった。幅4m50cmのコート上で1組3台のチームがゴールを奪い合う。近藤科学が2006年6月に発売した「KHR-2HV」のユーザーが増えたこともあり、ロボットの運動性能は2006年の大会に比べて大きく向上。素早い動きでボールを追うロボットがゴールを奪うと、会場を訪れた観客からは大きな歓声がわいた。

 「KHR 3rd アニバーサリー」には日経パソコンのロボット担当記者も参戦した。全国から強豪が集う格闘技やサッカー競技を戦い抜くことはできたのか?(PCオンラインの関連記事