PR

 米Avayaは米国時間6月4日に,投資会社の米Silver Lakeと米TPG Capitalが同社を買収することで最終合意に達したと発表した。買収総額は約82億ドル。

 合意のもと,Avayaの株主はAvaya普通株1株あたり現金17.50ドルを受け取る。同社身売りの噂が報道される前日(5月25日)の終値である13.67ドルより約28%高い金額である。

 Avaya取締役会の非常勤会長であるPhil Odeen氏は,「当社の経営陣および財務顧問と戦略的選択肢について検討した結果,Silver LakeおよびTPGとの取引が当社株主に最良の価値をもたらすと判断した」と説明する。

 また同社社長兼CEOのLouis J. D'Ambrosio氏は「株主だけでなく,当社従業員と顧客にとっても明らかな価値を生み出す」と述べた。

 取り引きは,当局と株主の承認を得たのち,2007年秋に完了する見込み。なお合意条件には,Avayaが今後50日間は第三者の買収提案を受け付けてもよいとする内容が盛り込まれている。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,Silver LakeおよびTPGのほか,カナダのNortel NetworksがAvaya獲得で交渉していたという。

[発表資料へ]