PR
松戸市教育委員会が保有する中古パソコン
松戸市教育委員会が保有する中古パソコン
[画像のクリックで拡大表示]

 アルファシステムズは6月6日,松戸市教育委員会にLinuxディストリビューション「KNOPPIX」をカスタマイズして納入したと発表した。教育委員会はこのKNOPIXを利用し,管轄する小中学校で利用していた約1000台のサポート切れ中古パソコンの再生利用を図る。

 約1000台の中古パソコンはかつて松戸市の小中学校が使用していたが,搭載していたWindows 98のサポートが切れ,セキュリティ・ホールの修正パッチが提供されなくなったため松戸市教育委員会の保有となっていた。パソコンのメモリーは32Mバイト,CPUは146MHz,ハードディスクは2Gバイトである。

 松戸市教育委員会では,この中古パソコンをLinuxシンクライアント端末として,教室での調べ学習などWeb閲覧に利用できるようにした。今後試験的な導入を行い,その状況を踏まえて各学校への導入を進める。

 Linuxクライアントは起動するとサーバーに接続,サーバーでウインドウ・マネージャやWebブラウザが立ち上がり,その画面をクライアントへ送信する。送信にはsshのトンネル上で,Xウインドウ・システムの画面転送機能を使用する。flashなどの音声付きコンテンツもサーバーからクライアントへ音声データを送信する。

 ウインドウ・マネジャは軽量のfluxbox,WebブラウザはFirefoxを採用している。またFirefoxの拡張機能であるscrapbookにより,閲覧したコンテンツを保存できるようにしている。保存したコンテンツおよびブックマークはサーバーに保存される。

 また,パソコンをサーバーで一括管理できるようになったことで,管理の手間を軽減できるとしている。

 文部科学省によれば,全国の小中学校・高校が保有するパソコンのうち約40万台が,OSのサポート終了によりセキュリティの確保が困難になっており,対策としてオープンソースのOSであるLinuxの活用が注目されている。文部科学省と経済産業省が共管する財団法人 コンピュータ教育開発センター(CEC)では,教育機関向けにKNOPPIXベースの「OSP(Open School Platform)基本パッケージ」を配布している(関連記事)。

 ただし「OSP基本パッケージ」が稼動するハードウエア仕様はメモリー256Mバイト以上となっている。松戸市のケースでは,シンクライアント方式により,メモリー32Mバイトのパソコンの再利用を目指す。アルファシステムズでは,今回の方式で,1台あたり5000円から1万円程度でパソコンを再生できるとしている。