PR


写真1●Windows MobileとWindows Embeddedにフォーカスした米マイクソフトの展示ブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]
 6月5日から9日まで台湾・台北市で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2007」では,米マイクロソフトがWindows MobileやWindows Embededなど携帯機器を対象としたブースを展開中(写真1)。同ブースでは,最新のWindows Mobile 6(関連記事)を搭載したスマートフォンや業務用PDA(携帯情報端末)を多数展示している。

 Windows Mobile 6搭載機を出展しているのは台湾や中国のメーカー9社。スマートフォンを展示しているのは台湾ASUSTeK Computer,中国Amoi Electronics,台湾BenQ,台湾GIGABYTE Communications(ブランド名はGSmart。パソコン関連部品メーカーであるGIGABYTE Technologyと同じGIGABYTEグループの企業),台湾E-TEN Information Systems(ブランド名はglofiish),台湾High Tech Computer(ブランド名はHTC),台湾Mio Technology,台湾Inventec Appliances(ブランド名はOKWAP)の8社。これらに加え,台湾UnitechがWindows Mobile 6搭載の業務用PDAを展示・デモしている。

多彩なWindows Mobile 6搭載機,ただし日本での発売は未定

 各社のWindows Mobile 6搭載スマートフォンは,次のような特徴を持つ。


写真2●ASUSTeK Computerの「M530w」。本体下部にフル・キーボードを備える
[画像のクリックで拡大表示]
 ASUSTeKが展示しているのは,「M530w」(写真2)と「P526」という2機種の新製品。

 「M530w」は,GSM(global system for mobile communications)/GPRS(general packet radio service,2.5G)およびUMTS(universal mobile telecommunications system,3G)に対応したスマートフォンで,無線LAN規格のIEEE 802.11b/gにも対応している。また,マイクロソフトおよびカナダResearch In Motion(RIM)のBlackBerryのプッシュ型電子メールのクライアントをサポートする,としている(関連記事)。一方のP526は2.5G対応のスマートフォンだ。出荷時期は,M530wが7月~8月の予定で,P526は今月中に開始するという。


写真3●台湾BenQの「T80」。2007年第4四半期初めの出荷を予定する
[画像のクリックで拡大表示]

写真4●台湾GIGABYTE Communicationsが展示した「GSmart t600」。欧州などで普及しているデジタル放送規格の放送を受信できる
[画像のクリックで拡大表示]

写真5●台湾High Tech Computerの「hTc S710」
[画像のクリックで拡大表示]
 BenQは「E72」および「T80」(写真3)の2機種を展示している。両機種とも2.5G対応スマートフォンで,IEEE 802.11b/gにも対応。E72は2007年第3四半期末,T80は2007年第4四半期初めの出荷を予定する。

 GIGABYTEが展示しているのは「GSmart i300」,「同 i350」,「同 t600」(写真4)の3機種。いずれもIEEE 802.11b/g規格の無線LANに対応する。同社によると,t600は欧州などでの地上波デジタル放送規格である「DVB-T」とモバイル機器向けのテレビ放送規格である「DVB-H」の両方の受信に対応した世界初の機種だという。いずれの製品もGSM/GPRS対応の2.5G携帯電話機だが,説明員によると2007年末には3G対応スマートフォンを出荷する予定だという。

 日本でも既に,NTTドコモとソフトバンクモバイルからWindows Mobile搭載端末をリリースしているHTCは,「hTc S710」を展示した(写真5)。背面側をスライドさせるとキーボードが現れるという特徴がある。これも2.5G対応スマートフォンだ。

 HSDPA(high speed downlink packet access)に対応するWindows Mobile 6搭載の3G対応スマートフォン「X800」(写真6)を展示していたのは,glofiishブランドで携帯電話を製造・販売するE-TEN。携帯電話の規格であるGSM/GPRSおよびHSDPA/UMTSだけでなく,無線LAN規格であるIEEE 802.11b/gにも対応する。ディスプレイは640×480ドット(VGA)である。出荷は9月を予定する。


写真6●E-TEN Information Systemsの「X800」
[画像のクリックで拡大表示]
 また,InventecもHSDPA対応の3Gスマートフォン「K869」を展示している。出荷は2007年末を予定する。

 そのほか,いずれもGSM/GPRS対応の2.5Gスマートフォンだが,MIOは「A702」,Amoiは「E78(GSM6711)」,Inventecは「K868 Plus」の各Windows Mobile 6搭載端末を展示している。出荷はいずれも2007年後半になるとしている。

 ただし,今回展示されたWindows Mobile 6搭載スマートフォンは,いずれの製品も日本以外のアジアや欧州,米国向けの製品である。BenQの説明員は,「日本の携帯電話市場はユニークなので日本での販売は難しいだろう」とコメントしていた。