PR
家のアイコンがあるボタン(写真右上)を押すと表示される画面。主要なアプリケーション・ソフトウエアを一覧できる。この画面は、Compal社が開発した。「新鮮な印象をユーザーに与えられるはず」(説明員)
家のアイコンがあるボタン(写真右上)を押すと表示される画面。主要なアプリケーション・ソフトウエアを一覧できる。この画面は、Compal社が開発した。「新鮮な印象をユーザーに与えられるはず」(説明員)
[画像のクリックで拡大表示]

 ノート・パソコンの受託設計・製造大手の台湾Compal Electronics, Inc.(仁寶電脳)は、「UMD」と呼ぶカテゴリの試作品を「COMPUTEX TAIPEI 2007」で公開した。UMDはultra mobile deviceの略で、市販価格と重さの面でスマートフォンとUMPC(Ultra-Mobile PC)の間に位置する。

 具体的には「スマートフォンが200~500米ドルで100g台、UMPCが500~1000米ドルで500g前後であるのに対し、UMDは 400~500米ドルで300g未満」(説明員)という。「当社が推定した市場規模は明かせないが、スマートフォンでもUMPCでも満たせない需要をつかめる」(説明員)。

[詳細は、Tech-On!の記事本文をご覧ください]