PR

 米Mozilla Foundationは,オープンソースWebブラウザの次期版「Firefox 3」(開発コード名は「Gran Paradiso」)の「アルファ5」版を公開した。MozillaのWebサイトから,ソースコードや各種バイナリ(Windows用Mac OS X用Linux用)を無償でダウンロードできる。なお,アルファ版はテスターおよびWebアプリケーション開発者向けの早期テスト版であるため,一般ユーザーの使用には適さない。

 Firefox 3は,レンダリング・エンジンの新版「Gecko 1.9」を採用する次期Webブラウザ。アルファ5では,新ブックマーク/履歴管理システム「Places」と,JavaScriptベースの新パスワード・マネージャを搭載した。

 新しいクラッシュ報告システム「Breakpad」を組み込んでいる。Mac OS X用においてデフォルトで有効になっているほか,Windows用は約半数のみ有効とした。Linux用はまだ対応していない。またMac OS Xの各種コントロールと,「Growl」ユーティリティからの通知に対応した。

 MozillaのFirefox 3開発スケジュール掲載ページによると,今後の暫定的なリリース日程は「アルファ6」が6月29日,「ベータ1」が7月31日,「ベータ2」が9月の予定。

 米メディア(internetnews.com)によると,Firefox 3.0の最終版は2007年中にリリースされる見込みという。

[発表資料へ]